coconatsuco.life*

国際結婚の暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

過去5年間の国籍取得者・離脱者・喪失者の推移と中国人帰化許可者数の割合

外国人が帰化している人は何人いるのだろう?気になったので法務省に電話して調べてみました。

 

過去5年間の日本国籍取得者・離脱者・喪失者

f:id:japantk:20170703165722j:plain

過去5年間の日本国籍取得者数(緑)

平成24年 1,134名

平成25年 1,030名

平成26年 1,131名

平成27年 1,089名

平成28年 1,033名

昨年、約1,000人の外国人が日本人になったということ!

過去5年間の日本国籍離脱者数(青)

平成24年 262名

平成25年 380名

平成26年 603名

平成27年 518名

平成28年 613名

 過去5年間の日本国籍喪失者の推移(赤)

平成24年 711名

平成25年 767名

平成26年 899名

平成27年 921名

平成28年 1,058名

※データ元:法務省のHPより

 

「国籍離脱者」の意味合いが不明だったので、法務省に電話して聞いてみました。

例としては、元々生まれながらに二重国籍を持っている人なんかが、「片方の国籍で生きていきたいので、片方は無くしたいです」と事前に届け出をした場合。

日本は二重国籍が認められていないと思っていましたが厳密には、"国籍は1つが望ましい"ということ。もう片方の国の法律もあるため日本の法律だけではバチっと決められないそうです。

よく22歳までにはどちらの国籍にするか選んでね。という話があるそうですが、そこでどちらかを選択した場合、この離脱者数に反映されるとのことでした。

 

「国籍喪失者」とは、例として日本人が外国籍に帰化し、「国籍がなくなりましたよ~」と事後報告を受けたものに該当するとのこと。

昨年は約1,000人の日本人が、外国人になったワケである。推移をみると、外国人が日本国籍取得する人数の方が多いですね。

 

中国人帰化許可者数の推移

f:id:japantk:20170703163947j:plain

 中国人が日本への帰化申請をして、許可が下りた人数。

平成28年は2,626名が認可されているようです。なんと統計初年度の昭和42年の4.5倍という数字!この51年間で中国人から日本人になった人数がこんなに増えているんですね。日本ってそんなに魅力的なのかしら!どんな理由で帰化をしているのか、気になります。

 

外国人帰化申請許可者数の全体と中国人の割合

f:id:japantk:20170703163953j:plain

中国人がオレンジ部分です。

平成28年の全体許可者数は9,554人。1万人近い外国人が帰化を認可されている。そのうち中国人は約3割前後だろうか。それにしても昭和48年の数値が高すぎてまた気になる・・・。

 ⇒コメントをいただき、中国残留孤児であることが判明しました!ありがとうございました!

 中国残留孤児

太平洋戦争終了時,現在の中国東北地区 (満州) には約 150万の日本人が居住していたが,帰国の過程で死亡,行方不明となった人々も多く,数万人に上る孤児が生じたといわれる。日本政府はその子供たちのうち,両親が日本人であって,日ソ開戦が直接の原因で両親が死亡,もしくは生き別れとなり,当時 12歳以下の者を中国残留孤児と定義している。なお,13歳以上で自らの意思で中国大陸に残ったとされる女性は中国残留婦人とされ,約 1800人が確認されている。

 

日本人になりたいと思ってくれる外国人がいることは、個人的には喜ばしいことだと思う。夫も、結婚式で親族が来るときに「自分が中国に戻らない理由が分かると思う」と言っていた。

日本人として生まれ育っていることに有難味を感じるいい機会でした。

 

www.coconatsuco.life

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー