coconatsuco.life*

国際結婚の暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

会社がフリーアドレスになった。実際どうなの?メリットデメリット

f:id:japantk:20181025171453j:plain

こんにちは。coconatsucoです。

最近では、「働く環境」が注目され、より快適なオフィス空間を求めて増床や拡張移転をする企業が増えてきています。なかでも執務室スペースのほかに、リフレッシュエリアやコミュニケーションスペースの充実・マッサージルームや健康器具、会社にカフェを導入するなど、オフィス空間から福利厚生面に至るまで、さまざまな改革を実施している企業が多くみられています。

 

そんな中、わたしの勤める会社も波にのってレイアウト変更・フリーアドレスを導入しました。フリーアドレスって実際どうなの?というところをメリット・デメリットで感想を挙げていきたいと思います。

 

 

メリット

f:id:japantk:20181029222610j:plain

座席が変わることで気分転換ができる

固定席ではなくなるので、カウンター席、スタンディング席、個室ブースなど仕事する場を選択できます。集中したいとき、資料を広げたい時、さっと打ち合わせしたいとき、ちょっと気分転換したいとき・・などなど気分や業務内容によって働く場所を移動できるのはマンネリ化せずに集中力UPにつながる気がします。

 

ノートパソコンになって、場所にこだわらず仕事ができる

以前まではアイパットを支給されていましたが、メールを返信したいときにはやはりタイピングができないと不便です。その点がノートパソコンになって解消されました。また外からでも会社のサーバーに接続できることにより、社内と遜色なく仕事ができるので、「この資料を作るためにいちいち会社に戻らないと」ということがなくなりました。逆にこの点はうちは遅れていたのかもしれない。。w

 

社内コミュニケーションが増えた

固定席では、なかなか席が遠い人や他部署とはコミュニケーションがありませんでしたが、フリーアドレスになったことにより今まで接点がなかった社員間でも自然と会話が生まれるようになりました。意外と、同じフロアにいても話さない人って多いんですよね。業務が違うときっかけもなかったり。

コミュニケーションが増えることにより、社内も明るくなりますし、よりよいアイデアが生まれたり部署間のやりとりがスムーズになることにつながり、効率もアップすると感じています。

 

メリットを色々述べてきましたが、いいことだらけやん!と思いきや、やはりデメリットもあります。

 

デメリット

f:id:japantk:20181029125536j:plain

個人ロッカーへの荷物の出し入れが面倒

フリーアドレスは、固定席と違って引き出しもなければキャビネットもありません。自分の荷物は全て個人ロッカーに保管します。そのため外出する度に、一度広げた筆記用具類もPCも電源ケーブルも抜いて、机の上を全部片付けなくてはなりません。

今までは机からすぐ社外に出れましたが、お片づけをして、個人ロッカーまで行って荷物をしまってから外出。そして帰社後も、ロッカーから荷物を取り出し、PCの電源ケーブルをコンセントに挿して。。。面倒くさい。なれるかもしれませんが、ちょっとフットワーク重くなります。

 

これから起こりそうな「席の確保戦争」の予想

実は、いまは試験的に部ごとに固まって、週替わりに席をローテーションで動いています。やはり部内で打ち合わせするこが多いため。

ですが、オールフリー週間も存在するのです。ビールでも飲むかっ!笑

完全自由席になることで、まず席選びに時間がかかるし、気まずい人やお近づきになりたくない人というのは必ずしもあるはずです。そしてお気に入りの席を確保するために早く出社する人もいるでしょう。。もはや戦争です。

実は人は「ある程度このあたりに座ってね。」とエリアを指定された方が楽なのです。飲食店でもそうですが、空いてる席「どこでもどうぞ」ではなく「こちらはいかがでしょうか」と指定してくれます。

 

あーなんか、考えただけで疲れる~~笑

 

まとめ

フリーアドレスが導入されて約3週間が経ちました。現時点ではフリーアドレスになってよかった。という気持ちのほうが大きいです。ただ、最後に記載した完全自由席になったら、どんな具合になるのか・・・。実際に体験したらまた追記したいと思います。

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー