coconatsuco.life*

国際結婚の暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

【椿山荘結婚式】和婚披露宴の再入場シーンで父親と歩くバージンロード

結婚式は神前式のため、バージンロードがありませんでした。そのため、披露宴中のお色直し後、再入場のシーンで父親にサプライズで、会場の中央を腕を組んで歩きました!経緯と実際の様子をご紹介します。

 

 

バージンロードを取り入れた理由

「親子さんで歩くお2人姿やお父様の寂しげな表情が、皆さん見たいものですよね」と打合せ時に演出担当の方にご提案いただきました。

確かに・・思い返せば友人がヴァージンロードを歩く姿はぐっとくるし、結婚式の代表的なシーンだなぁ。

 

よし!やろう!

 

お色直し中はプロフィールムービーを流す予定だったので、感動系の延長で、流れも丁度いいかなと思い決行ー!当日のサプライズも面白そうだしー!

 

想像以上の感動!バージンロードの効果ってすごいんだな

本番、お色直しから私が入場したあと、司会の人の案内で父親を指名。やはり本人は驚いていましたが、会場は大きな拍手につつまれて、盛大な雰囲気になりました。父親と並び、右手で打掛を持ち、左手で父親の腕に手を掛けて新郎の待つメインテーブル前まで歩いていくと・・


まさかの新郎大号泣!

そんな姿を見て、父親も私も、周りの人ももらい泣きしてしまいました。

f:id:japantk:20170523183445j:image

↑この時点から既に泣いてたらしい 

号泣する新郎を父親が思わずハグ(^^)新郎の左手へ、私の左手を預けて、席に戻りました。

 

【まとめ】父親と腕を組んで歩く姿は想像を上回る感動を生む

自分が思っている以上に、周りには感動的なシーンなんだと思いました。私自身も、まさかの新郎号泣によって、予定外の涙が笑。

チャペルではバージンロードがありますが、和婚でも諦めないで!ぜひお勧めです★

 

ちなみに、新郎も私の後に中座して再入場は一緒に会場に入り、新郎だけ先にメインテーブルの前まで進んでもらいました。その後、父親を呼ぶ流れです☆

お問い合わせ  プライバシーポリシー