coconatsuco.life*

国際結婚の暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

【帰化申請中の入籍】法務局での夫婦面談の詳細

f:id:japantk:20181102164803j:plain

帰化申請中に結婚したら、配偶者は法務局にて面談を受けます。帰化申請中は、申請者にかかわる変更事項が発生した場合、すみやかに法務局へ届出る必要があるのです。

そこで配偶者となった私は、入籍手続きと同じ月に法務局へ面談を受けてきました。

 

入籍したらまず法務局へ連絡

入籍したら、(する前でも)法務局の担当者にその旨を伝えます。そして夫婦2名が法務局に行ける日で、担当者とアポイントをとります。

 

法務局面談の内容

入籍した同じ月に法務局にて面談に行ってきました。夫婦面談といっても、たんと写との面談は1人ずつ、まずは夫から・・・15分で終了。
その後、入れ替わりで面談を受けました。面談というか、ほぼ質問に対して一問一答形式。

夫について

・夫の名前、生年月日
・いつから日本にいるか
・家族構成
・どこに住んでるか
・どこに勤めているか
・どんな仕事をしているか
・趣味はなにか
・母国に行ったことはあるか
・どんな性格だと思うか
・夫自身の将来設計

 

2人のこと

・出会いのきっかけ
・付き合った経緯
・どっちから告白したか
・どこにデートしに行ったか
・親には会ったか
・両親は結婚に同意しているか


などなど。
およそ20分くらいの面談でした。帰化申請者本人の証言と相違がないかの確認のように感じました。2人のことについては、かなりプライバシーに踏み込んだ質問になるので気にする方は覚悟した方がいいかもしれません。

 

当日準備するもの

とくにありません。

夫婦になるくらいなら答えられて当然の内容。ではありましたが、今後の方向性や旦那の仕事のことなども聞かれたので、しっかり2人で話し合いが出来ている必要はあると感じました。


面談内容でこんなケースもあるそうです。

www.coconatsuco.life


 

お問い合わせ  プライバシーポリシー